ハングルネオンサイン


ハングル文字(韓国語)の商品や雑貨について

少し前からハングル文字のかわいい商品や雑貨を日本でもよく見かけるようになりました。

ハングル文字は〇が多いからかわいらしく見えるのと、〇と直線が多いので見た目的には日本語のカタカナに近くひらがなや漢字よりもかわいいですよね。

だからハングル文字で書かれている商品を見ると、良く見慣れている日本語や英語の商品や雑貨と違いハングルの雑貨は新鮮でとてもかわいく見えます。

商品や雑貨だけではなく、食品や飲料も最近は韓国製を取り扱っているお店も多く増えてきました。またアパレルについても商業施設の1フロアが韓国ブランドのフロアになったり、ハングル文字のデザインが入った洋服も良く見るようになりましたね。

귀여운(かわいい) 잡화(雑貨) 상품(商品) 한글(ハングル)


ハングル文字について

ハングル文字は最初は複雑に見えますがローマ字と同じように基本は母音と子音で成り立っています。母音は日本語より多くハングルは全部で11種類あります。日本語読みだと『あ・い・う・え・お・や・ゆ・よ』の8種類ですが、発音の違いで『う・お・よ』は2種類ずつあるので全部で8種類になります。

その母音を書く時はローマ字のように1文字で表記するのではなく、必ず〇を付けます。

例えば『い』の母音はハングル文字だと『|』ですが、通常は子音を並べて使うので『き』の場合は『기』といったように書きます。
でも、『い』などの母音を単独で書く場合は『이』となって、必ず丸を付るので母音が11種類あって単独で発音する為の〇が多くなるんですね。

あとは四角と直線が多いのでハングル文字は記号のようにも見えてかわいいのではないかと思います。

한글(ハングル)

ハングル文字の看板


ネオンサインについて

韓国ではハングルのネオンサインが多く、街中の看板などにももちろん多くありますがカフェなどにもおしゃれなハングルネオンサインが多数あるようです。Instagramなどで検索するとかわいいハングルネオンの画像が多数出てきます。

最近の看板はネオンを使用するよりLEDの看板が増えてきていて、ネオンサインはどちらかというと時代と逆行していると言いますか、、だんだん新たにネオンで看板を作るお店も減ってきているのが現状です。

看板であればネオンよりもLEDのほうが故障も少なく、デザインを綺麗にできるなどのメリットも多くありますが、ネオンサインは独特の煌びやかな雰囲気というか、ネオンサインには何か引き寄せるものがあるので部屋のインテリアにしたりする方も大勢います。

ネオンサインには独特の色合いと光で煌びやかで幻想的な雰囲気があります。ネオンサインには何か引き寄せるものがあって、今でもネオンサインを看板に使ったり部屋のインテリアにしたりする方も大勢いるようです。

네온사인 (ネオンサイン) 인테리어(インテリア)